みーぱぱの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 思い出しながら、つい・・・

<<   作成日時 : 2007/05/15 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、この1ヶ月間の話をぼちぼちと書いていきます。
まずは引越し〜お別れまで。

**************************************

みーにとっては東京に行くのは既に何回目かわからないくらいだけど、特急〜新幹線での移動は初めて。
なのである程度は予想はしてたけど、まー落ち着かない(;^_^Å
単なる平日の金曜日という事もありまわりは日帰り出張の方々がほとんど。
そんな中ずっとはしゃいでいました。電車の音がうるさく感じる(しかも車両の一番前の座席)のかみー自身の声も大きくしゃべるもんだから、さぞ周りはウチラの会話が丸聞こえだった事でしょう。
ままと二人で何度「シーーーっ!」と言った事か・・・
新幹線でも変わらない。2階建ての下ですよ。景色なんか全く見えない人を"輸送"するためだけの車両。そこでもずっと元気でした。

東京駅で食事を済ませ、アパマンショップに部屋の鍵を受け取りに行く。
するとケータイにTEL。引越し屋さんがもうマンションの前に着いてるとの事。
急いで向かいます。
ちょうど管理人さんにも会えて、挨拶もそこそこに部屋に入る。
今回の転勤から始まり何から何まで"処理"されてるカンジだ。

1ルームマンションに心配になるくらい段ボールが運び込まれます。
開梱作業をままに任せて、とりあえず運び込むお手伝い。

と、ここで悪魔の一撃が。

・・・腰から臀部にかけて鈍痛が(><;)
引越し屋さんがいる間は何とかしのいだけど、帰った後は突っ伏しちゃいました。
とりあえず、”ピキーン☆”ってカンジではなかったので最悪の事態は回避。

これまた予想通り運び込んでる途中からみーが眠たいと言って(電車の中で寝ないからや!)片付ける前から毛布を引っ張り出して寝たので、こっちもしばし休憩。

下見の時には付いていた照明器具がなくなっていたので、急遽購入へ。
当初から現地調達!と考えていた消耗品の類を買出しにダイソーに出かける。
(ちなみにこの"ダイソー通い"はコレ以降4日間連続する事になる(笑))

東京に来る前にままと一度飲みに行こうといいながらも行けなかったのでそのまま居酒屋で食事兼お疲れの乾杯でこの日は終了。

**************************************

翌日。
昨日、予想以上に一気に片付け出来たので、結構ゆっくり出来る。
とりあえず周辺では1番のホットスポットである(らしい)オリナスに出かける。
そんなオシャレなトコでも昨日上京したての田舎モンは、まっすぐにDisneySHOPに向かう。
GWのチケットを買っておくためだ。(爆)
ちなみに転勤が決まって、6月と10月にもインパする事は何よりも先に決まりました。というか決められた。
おそらくまだ増える事でしょう。こんな機会なんてめったにないのはわかるが複雑な心境である(ーー;)


この後は、いつも東京に来た時に行くようなところに出かけて特に目新しいところには行かない。
普段通りにする事で、あまり翌日以降の事は考えないようにしたかったのも事実。


**************************************

そして日曜日。とうとうきちゃいました。
やっぱり朝からリズムが違います。ままとみーの新幹線の時間は15:00過ぎ。
時間はあるようで無さそうで。あんまり慌しくもしたくないけどぼーーっともしたくない。
3人ともがそんな複雑な心境です。


みーは電車に乗ることが好きなので
「何時乗るの?早く乗りたーい。」
などと言うけど、ままに
「新幹線に乗ったらぱぱとバイバイだよ?」
と言われると
「やだー」
と言ってくれる。
わかってはいるけど、実際には理解は出来てない、そんなカンジですね。まぁ自分も似たようなモンかも。

早めの昼食も済ませ東京駅に向かう頃になると、まず、みーに変化が。

とにかく手をつないできます。一瞬足りとも離したくないといった感じで。

普段でももちろんつないで歩きますよ。でも人の流れや振り向いたりで左右の手を変えたりした時でも慌てて、といった感じですぐに手をつないできます。
改札を通ったりする時も先に歩かせたり逆もあったりするので普段は手を離すんだけどそれすら離さない。おかげで自動改札はちょっとツライ。

ホームに並んだころからもう3人とも言葉少なです。
みーも必死といった感じで手をつないでます。何とか自分もしんみりなり過ぎないように心がけて話す・・・。

車両がホームに入ってきて、他の乗客も次々と乗り込んでいく。あと10分少々。
みーに何か言おうと思ってしゃがんで話しかけようとしたけど、しゃべると自分が泣きそうでほとんど声になってなかったかも知れない。
みーも涙を流す寸前ってトコです。
抱っこしようとすると目いっぱい両手を広げ身体全体で抱き付いてくる。
まわりも気にせず、ままとも軽く頭を寄せたり。


で。

ついにその時です。
みーを下ろし、ままがみーを率先する形で車両に乗り込みます。
当然自分はそこまでです。

つないでいた手を離した瞬間の光景はおそらく自分が東京にいる間だけではなく、一生忘れる事ができないでしょう・・・。

親バカですが、みーは目の大きい子です。
その目をいつにもまして大きく見開き、「えっ?!・・・」という感じでこちらを凝視。
次の瞬間には一気にこみ上げてきたのでしょう、ままにしがみつき号泣。

ままもみーをしっかりと支えてやってます。
自分も耐えるのに一生懸命で、頭をなでてやるのが精一杯。

ドアが閉まるとみーは窓に駆け寄り、こちらを見て泣きながらだけどバイバイしてくれました。
みーのうしろのままにもお願いとバイバイ。

15:12分、発車。
2,3歩で追いつけなったけど、遠目でもまだ窓にへばりついいてるのが見えます。
が、それもすぐに見えなくなりました。

まわりから見たらきっと自分も明らかな泣き顔だった事でしょう。
振り返るのすら怖くて、そのまま歩きながら見送りました。



今回改めて、自分はこの2人を裏切っちゃいけないし(その前にできないけど)、どんな事があろうと戻らなきゃいけないんだと痛感しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
思い出しながら、つい・・・ みーぱぱの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる