みーぱぱの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS MRI受診

<<   作成日時 : 2005/12/11 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ウィンドウズに続いて、自分の体までぶっ壊れました(-_-;)

先々週末くらいから腰のだるさを感じ、週明けには左足のだるさ&若干のしびれを感じ始めました。
腰のだるさは疲れが溜まると良くある事なのでそんなに気にならない。
ただ、左足の痺れはまずい・・・
などと思ってるうちにどんどん左足の痛みに発展し、歩く事が辛くなってきました。

9月も同様な症状だったけど、痛みがはるかにひどい。
先週末には横になってても辛くなってきたので病院に行くことにしました。
でも、いつも行っていた病院は大掛かりな設備は持ってなく、5年前の手術の時もMRIだけは市内の総合病院に受けに行ったので、どうせならと思い今回は最初からその総合病院に向かいます。

初診だけど、こちらも5年間の経験があるので(^^;)伝える要点は既にわかっている。
もちろん向こうはプロだし、背中の手術痕もあるので話はスムーズに進む。
それで別に希望を出したわけではないけど、やはりMRI検査をすることになりました。

ちなみに・・・
MRI(Magnetic Resonance Imaging)磁気共鳴画像
磁石と電磁波を使って体内の水素の原子核から出てくる共鳴信号を画像化。
つまり、体内の水分(と言っても、脳・肝臓などの臓器、関節・軟部組織などに含まれる水分も対象です)を画像化している訳です。

このMRI、2度目だけどあまり慣れるもんでもないです。
痛いことは全く無いけど、あの閉鎖感は長い事続くとダメだろうな〜きっと。
閉所恐怖症の人が受診できないのはわかる気がします。

さて、撮影の後小1時間ほど待たされる間他の外来患者が何人も通されるので、
どんどん不安になってくる。
そんなに悪化してるんだろうか?それとも写ってなかったとか?もう一回??
そんな妄想をしてるとようやく最後に呼ばれる。

開口一番、先生が・・・
「ん〜・・・やっぱり出てますねー」

え?(-_-;)

自分も見せてもらう。
・・・(@_@;)

5年前の写真かと思いましたね〜(^_^;)

「4番−5番の間で出てます。腰椎ヘルニアでは1番多い個所です。」

で、「以前の手術と同じところです。術後、再発の可能性は大体5〜10%程度有り得るんですがヘルニアに手術では仕方のない部分です。」
と慰め(?)の言葉も頂きました。

5〜10%に入ったのは運がいいのか悪いのかよくわからんが(-_-;)
ヘルニアの大きさ(?)としては前回と同程度の症状。
具体的には、親指の太さほどの神経の束に、約1cm(小指くらい)ほどの軟骨が食い込んでいる状態でした。

「これは結構痛そうだね〜」

いや、最初からそう言うてますが・・・。

即刻手術とは言われなかったですが、とりあえず今後1,2ヶ月タクトで様子を見て判断しましょう、と言う事になりました(-_-;)
とは言うものの、実際歩くのが困難になってきてるし(T_T)、一度出たものは引っ込むわけはないので、年明けには・・・覚悟しなきゃならなさそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
MRI受診 みーぱぱの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる