みーぱぱの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 05SUZUKA観戦記:決勝

<<   作成日時 : 2005/10/15 02:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
日曜の朝、5時に目が覚める。東ゲートの開門は6:30なのでそれほど急ぐ事も無い。
空は・・・快晴ではないが暗い雲はない。これなら降る事はないだろう。

みーは昨日やはり疲れたのだろう。ままとぱぱが横で準備している中でも熟睡だ。かえって好都合だけど。
一通り準備が出来てから起こす。昨日と同じでぐずることなく(少しぼーっとしているけど)着替えてくれるので助かる。

ちょうど6:30くらいに車を出る。早い人は終日オープンしているメインゲートに向かっているので、この時間それほど人は多くはない。
しかし天気は良いけど、風が強い。最上段なので体感気温はきっと寒いだろう。

今日もゲートインしてからの朝食。今朝は伊勢うどん。風が強いので辺りにかつお節が飛び散るというハプニングもあり。食べてる間に、あっという間にゲート付近は人が増えてきた。

食べ終わるとすぐにホンダブースに向かう。去年ももらった無料フラッグをゲットする為です。
運がよければ巨大フラッグも貰える(同時に貰えるスクラッチで)とあって既に何回並んだ?って人も大勢。と言うか大体複数本持ってますね。
結果は惨敗。でも琢磨フラッグが落ちていたというラッキーもありましたo(^-^)o

座席に向かう途中でも、通常サイズのフラッグだけを配布している。
何となく親近感を覚え「お疲れ様でーす(^o^)」と言ってしまう。いや、ホンダの人間ではないのですが(^^;)
(これで今年は都合9本ゲットしました)

座席に上がるとやはり見晴らしが良い!
今までの席で一番いいところだ。(値段もね)
しかし風が強いので寒い{{(>_<)}}みーが風邪ひかなきゃいいけど・・・。

本日最初のセッションはFD決勝。インターバルをはさみインテグラカップ決勝(これに関しては別レポします)

ドライバーパレードに使用する車達も上から見えるので昼過ぎくらいから落ち着かなくなる。
エラン、S800、ヨタ8、ジャグワーEタイプ、デイトナ、2000GT等など。どう維持してるんかな〜。少しは見習いたいものだ。

パレードが始まる。ここでもBAR、と言うより琢磨への声援がすごい。
琢磨スタンド
ヨーロッパGPがシュー兄GP、スペインGPがアロンソGPと言うなら、ここは琢磨GPと言ってもいいくらいだ。
ちょうど向かい側の2コーナー〜S字区間に琢磨応援スタンドがあるので、そちらを見てても面白い。
今年調子が悪いとはいえ、シュー兄への声援もすごいものがある。
それに比べるとグッズは売れている割にルノーへの声援が少なく感じる。

昼食はすぐ下にある、屋台で済ませる。この天気の中バドワイザーの生でも飲みたいところだが帰りの運転も考えると飲めない。
こんなところにも昨日雨が降った影響が出る(^^;)。残念だが次回へのお楽しみ。

スタート進行が始まる。
まずは国歌斉唱。よく卒業・入学シーズンになると国旗を揚げないとか君が代を歌わないとかでNEWSになるがココに集まる人たちは見たところ問題なしのようだ。
今年の担当はEXILE。最近では鈴木雅之や平井賢らが歌ってきた。
しかし、いいか悪いかは置いておいて、その格好はかな〜〜り浮いてると思うぞ(^_^;)。
日本風でいいのだろうが、全世界に中継されるわけで、こういうところから”日本”のイメージって作られ続けていると思うんですけどいかがなモンでしょ?

セレモニーが終わり、ついに各車フォーメーションに向かう為にピットを離れる。
BARは2台揃ってゆっくりと歓声に応えるように走っていく。
いつの間にかみーも完璧に「タクマー!」になってます(^^;)

さて何事もおきずにファーメーションラップまで終了。一瞬の静寂の時。
と、ここで前列の方から白煙が見える。バトンのマシンだ!
えぇ?!大丈夫なのか??と思う間もなくレッドシグナル
ブラックアウト!
青いマシン・フィジケラのルノーのダッシュが見える。恐らく軽いタンクと思われるレッドブルの2台も良い動きだ!
バトンは少し遅れたか?琢磨はアウトから中央よりのラインで来ている。しかしそのインをクリエンのレッドブルのマシン!!

ああぁ゛〜〜〜

溜息のような悲鳴のような声がスタンドで上がる。
琢磨コースオフ!
せめて戻ってくれ、と祈るが早いか琢磨とクロスするラインで、これまたコースオフしたバリチェロのフェラーリが向かっていくのが見える!
あ゛?今少しBARのマシンが振動したのが見えなかったか?(@_@;)
とりあえず2台はコースに復帰。最悪の事態は免れた。それでも絶望的な19番手。

今年の成績からどちらかというと、やっぱりか、という気の方が強いけど走ってくれないと話がはじまらん。盛り上がりもなくなるし。

と、思ってたらモントーヤのマクラーレンが最終コーナーで大クラッシュ!!
ドライバーは大丈夫なのか?と思うが先か、ひょっとしてレッド・・・なんて事も期待してしまうが位置が悪い(;-.-)y☆(そんな事言っちゃいけません)
案の定、SCのみ。
でも、この時驚きの事実を発見!
シュー兄とアロンソが7,8番手を走っている(@_@)。1コーナーのドサクサに紛れてはわかるけど、君達14、16番手スタートだろ?
今3週目とかよ?こういうところでスキを突くのもチャンピオンの資質の一つなんだろうか?

SCが引っ込んだと思ったら、琢磨とトュルーリが絡むし(ーー;)良かれ悪かれ鈴鹿の話題の中心はやはり琢磨だ。

結果から言うと今年のレースはキミのファンタスティックショー!と言うことになるのだろうが、自分的にはシュー兄のうまさも際立ったレースだと思う。

確かに遅い!でもあの方にはそれを補うだけのテクニックがある。お手本のようなブロックライン。
結果的には抜かれたが、キミにしろアロンソにしろアウトから被せる走り。
つまりそれはマシン性能が大きいから出来る技であり、テクニックでは抜かれていないのだ。
まだ世代交代には早い。フェラーリ共々”帝国の逆襲”に期待したい。

それでも最終ラップ、1コーナーのキミのパッシングは信じられないような光景でしたね。
ああいう抜き方はふつーないぞ。フィジコはそんなにへこまなくてもいいと思う。あれをやったキミの方がある意味お馬鹿だ。
思わず昔、モンツァの最終コーナーでベルガーのマクラーレンを絶対オーバースピードだろう?!って勢いでアウトから被せていったマンセルのフェラーリを思い出した。
その時のインタビュー
記者:「あのスピードで行くのは怖くなかったですか?」
マンセル:「ほら、こうやって目をつぶっていれば見えないから怖くないだろう?」
・・・ふつーはその方が怖い。
ところであの瞬間での1コーナーは拍手喝さいだった事を報告しておこう。

全体的には座席自体も良かったし、目の前で多くのパッシングシーンを見れて大満足でした。
みーもすっかり「またこよーね(^o^)」と言ってます。

さ。これから家まで帰る(走る)のが一苦労です。
(結果報告。鈴鹿サーキットを18時過ぎに出て八日市IC(その間約60km)に乗ったのが23時。SA毎に休憩して自宅に着いたのが3時でした。途中かなり寝そうでした。往復の走行距離760Km)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あの羽織袴(しかもボーカル2人は白)は、思わず「はぁ?」 ・・・とテレビの前でフリーズしてしまいました(^_^;)

でもでも、白無垢着て飛んでいきたかったのはホントです。(←本アホ)

この際、どっちでもイイ(★▽★)
ダンサーの4人が黒だったよね?
なんか妙に可哀想だった・・・
そして琢磨選手も・・・

でもみーぱぱさんになんでモザイクかかってんの?
いい男なのに。(笑)
vanilla
2005/10/20 12:11
バックの4人は本当に所在無げにしてて落ち着かない様子が伝わってきてましたよね〜。
実際には歌った場所のすぐ横には今年新築になったグランドスタンド(VIP席!)があり、反対側はパドック席(招待客などが入れるところ。一般人が入るのに数十万!かかる)があるので、心中はそれこそ穏やかではなかった事でしょう。

写真?過激な映像はR指定を受けなくてはいけなくなるので自主規制してます。(どんな顔だ?(爆))
みーぱぱ
2005/10/20 22:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
05SUZUKA観戦記:決勝 みーぱぱの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる