みーぱぱの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS ”最後の”スキー

<<   作成日時 : 2005/03/15 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

週末に今シーズン最後?のスキーに行ってきました。

金・土と雪が降り続き、このままだと辛いかな〜と思ってた日曜日の朝。
予報では降雪確立70%だったものの、時折晴れ間も見えてます。

そこで早速準備、・・・といってもまとめてあるので着替えて、スキー用具を車に載せるだけ。
起床から30分強で家を出発です。

でも行き先は県内のいつものトコ。
みーの昼寝の時間を考えるとさすがにその時間から県外に行くと、ほとんど滑る時間が取れないので近場で済ませます。

さて今回はそれこそ”最後”と決めていました。
何を?
いつも2,3本はみーを抱っこしたまま降りてくるのですが、それは一番下のなだらかなゲレンデのみ。
今回は山頂までゴンドラで行き、そこから抱っこしたまま降りてこようというのです。

おそらく来年はもう重くて抱っこしたまますべるのはムリ。
って事は直に山頂からの風景を見せてやれるのはこの後しばらくないなと思ったからです。

さてゲレンデに到着すると、時期的なこともあり人は少なめ。今回はその方が好都合です。
しかし気になるのは大降りではないけど断続的に雪が降っていて、あまり視界が良くない事。

それでもリフト券を購入し、ゴンドラ乗り場へ。
係の人に「往復で○○だけ必要ですよ」と言われる。
「いや片道だけです」と言うと驚かれる。
・・・子供連れってそんなにいないのか?不安が膨らむ。
ゴンドラでは視界が悪いのがかえってよかったらしく、みーはそんなに怖がりません。いつもだいたいリフトの上では固まってます。

さて頂上に到着。しかしすっかり雲の中といった感じで景色はさっぱり。
う〜〜ん、早くもひとつの目的が崩れる。
待ってても仕方ないので、座ってビンディングを装着しているスノーボーダーの視線を感じつつ、みーを抱っこして滑り出す。

雪が降り続いているのと普段より標高がたかいので、
「さむい、さむい」と連発しているみー。
こればっかりはどうしようもできないので少し我慢してくれ。

そして難関の急斜面へ。ここを転ばずにクリアできるのだろうか・・・と不安もあるがとにかくスタート!
ここで全く思わぬ事に。
昨日から降り続いた雪の影響で新雪が積もっていて、その深さはは何とほぼ腰くらいまで(@_@)
これではスピードも出ない代わりにターンもままならない。あえなく転倒しました(ToT)
しかし倒れるのもゆっくりなので反転する余裕もあり、背中から落ちたのでみーは全く無事。
「突然視界から消えた」とは後ろから見ていたままさんの談。
それくらい雪にうもりました(^_^;)

その後も下に行くまで人の少ない斜面では新雪のままなので苦労しつつ降りてきました。
転んだのは最初の1回だけ。
みーも「はやい、はやい」と「さむい、さむい」を連発。
それでもターンの度に「しゅっ、しゅっ」とか「んきゃー\(^o^)/!」と喜んでるようなので満足でした。

みーにとっては最初で最後の山頂からのシュプール。
ぱぱにとってもスキーに行って腕が筋肉痛になるという初めての経験でした(^_^;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
”最後の”スキー みーぱぱの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる